Minoura Japan – iH-100

こちらのページは、製品の生産・販売が終了したなどの理由で更新されていないため、古い情報が含まれています。

iH-100S / iH-100M フォングリップ

iPhoneなどのスマートフォンホルダ

iH-100は,iPhone・Android・Blackberryなどのスマートフォン,および類似のタッチパネル式携帯電話を簡単にハンドルバー上などに取り付けることができるホルダです。
大画面を持つスマートフォンは,ツーリング時にGPS機能を使って地図を表示させナビゲーションさせたり,対応ソフトを使ってサイクルコンピュータの代わりにしたりと,自転車ユースとしても非常に便利に利用できます。
また通常の電話機として使用する場合でも,背面ポケットやサドルバッグに入れていては着信音が聞こえにくいものですが,目に見える場所にあれば確実に着信を知ることができます。
さらに取り付け角度を立て気味にすることで,携帯電話に付属のカメラを使った写真撮影やビデオ撮影をすることもできます。

電話装着はワンタッチ

左右から挟み込むウィングはラチェット式で,軽く押し込むだけで電話機を確実にロックします。ロックを解除するには本体下側の赤いボタンを引くだけと,とても簡単です。
一部の他社商品のようにiPhone専用などということもなく,さまざまなサイズの携帯電話に柔軟に対応します。推奨対応サイズは幅58〜68mm/厚さ9〜15mmです。

携帯電話をショックや傷から保護し,またソフトかつ確実にキャッチするため,左右のウィング内側とベース面には軟らかな発泡ウレタンシートを貼り付けてあります。
また両サイドだけでなく下側にもストッパーが設けてありますので,一部他社製品のようにずり落ちてくることもありません。
爪の位置はスマートフォンのスピーカやコネクタを避けた位置としていますので,装着中にも充電器などのアクセサリを利用することが可能です(iPhoneの場合)。

自転車への取付もワンタッチ

新開発のクイッククランプによりワンタッチで取り付け・取り外しができますので,必要なときにだけ簡単に装着することができ,また駐輪時など自転車を離れるときにはホルダごとワンタッチで取り外すこともできます。
クランプは軽量で錆びにくいアルミ製です。

ハンドルに合わせて選べる2モデル

iH-100にはクランプ対応径の違いで2種類あります。

iH-100-S
Sサイズクランプ(直径22〜29mmに対応)を装備
クランプ側面のロゴ印刷色は赤色
一般のハンドルバーに対応
iH-100-M
Mサイズクランプ(直径28〜35mmに対応)を装備
クランプ側面のロゴ印刷色は黒色
オーバーサイズのハンドルバーや丸断面のステムに対応

ホルダ内部にはギア歯機構が設けてあり,18度ごとに装着角度を変えることができます。
これにより,例えばライザーバーの傾斜部などでも画面の見やすい角度に調節することができます。

ih100_blank.jpgiH-100-S(Sサイズクランプ)
ih100_iphone-menu.jpgih100_iphone-map.jpg
iHolder_iPhone-2.jpgiHolder_iPhone-1.jpg
iHolder_iPhone-handlebar.jpgiHolder_iPhone-bike.jpg
ih100_wing-open.jpgih100_wing-closed.jpg
ih100_back.jpgih100_rear.jpg
ih100_front.jpgih100_side.jpg

iHolder_Xperia.jpgiHolder_Xperia-hold.jpg
iHolder_Eperia-bike.jpgiHolder_Eperia-handlebar.jpg

新型クイッククランプについて

工具なしでもフレキシブルに対応するユニバーサルタイプ

従来ボトルケージホルダなどに採用していたステンレスバンドは,ひとつのサイズで22〜35mmまでをカバーできる非常に使い勝手のよい機構でしたが,その装着には若干のコツが必要であり,また工具を必要とするため不要時に気軽に取り外すことはできませんでした。
今回新開発したクイッククランプは工具なしで簡単に取り付け・取り外しができるため,必要なときにだけ素早く脱着することができるようになります。

クランプ根本のボルトを調節するだけで,クランプはその内径を変え,さまざまな直径のパイプに対応することができます。その後レバーを倒すだけで簡単に固定できます。

Sクランプは22〜29mmまでをカバーし,一般的な22mm径ハンドルバーなどに取り付けることができます。またバーテープを巻いたロードのドロップハンドルにも余裕で装着可能です。

Mクランプは28〜35mmまでをカバーし,32mmあるオーバーサイズハンドルバーの根本や,丸断面のステムなどに取り付けることができます(角断面のステムには適合しません)。

固定可能なサイズについて

左右のウィングはバネとラチェット機構で任意の場所で固定することができるため、さまざまなサイズの電話機に対応します。
幅は58mm〜68mm、厚さは9mm〜15mmが使用可能です。

スペック

iH-100-S(ノーマル版)

製品コード
339-3320-00
クランプ対応径
22〜29mm(オーバーサイズのハンドルバーには適合しません)
ロゴ印刷色
材質
アルミ/プラスチック
重量
120g
希望小売価格
3,300円(税込)

iH-100-M(オーバーサイズ版)

製品コード
339-3321-00
クランプ対応径
28〜35mm(ノーマルサイズのハンドルバーには適合しません)
ロゴ印刷色
材質
アルミ/プラスチック
重量
121g
希望小売価格
3,300円(税込)

推奨携帯電話サイズ 幅58〜68mm/厚さ9〜15mm

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • 最大取付アクセサリー重量は300gまで
  • iH-100には携帯電話を雨などから保護する機能はありません。雨中で使用すると携帯電話が濡れて故障する恐れがあります。防水対策は各自の責任において行なってください。ちなみにiPhoneにおいて,ジップロックに入れた状態でも操作可能であることは検証済みです。
  • 携帯電話はしっかりとホールドする設計としていますが,悪路走行や数cm以上の段差を乗り越える際の大きなショックには耐えられません。注意して走行してください。また万一携帯電話がiH-100から外れて落下したとしても,弊社はその賠償の責任を負いかねます。当商品の使用はユーザ自身のリスクにおいて行なってください。
  • 電話機側面からのクランプはかなりの力が発揮できるように設計されていますが,樹脂製のため紫外線などによる経年劣化を起こすと破断してしまうことがあります。携帯電話の取付状態には常に注意を払っていてください。
  • 携帯電話の取り付け角度を変えるには,いったん電話機を取り外し,中央のボルトを工具を使って緩めてから行なう必要があります。工具なしで簡単に90度捻るなどの機能はありません。
  • クイッククランプは,まず根本の調整ネジで適切なクランプ力になるよう調節してから,ロックレバーを倒してください。レバーを倒した後にネジを締め込んでも装着自体はできますが,十分な締め付けトルクが得られず,使用中にホルダがぐらついてくる恐れがあります。
  • レバーを倒してクランプしたとき,調節ボルトが一杯にホルダ本体に引き込まれていることを必ず確認してください。ボルトが浮いたままではしっかりとクランプできていません。
  • 傷防止と十分なクランプ力を確保するため,付属の透明シートをハンドルバーなどに巻き,その上からiH-100を装着するようにしてください。
  • レバーを起こすときは,爪だけを掛けるのではなく,指の腹で操作してください。レバーは強い力で閉じられていますので,爪が剥がれてしまう恐れがあります。
  • ロード用ドロップバーなどブレーキやシフト用のワイヤがハンドルバーに沿って設置してある場所では,クランプによりケーブルに過大な力を加えてアウターケーブルを潰してしまう恐れがあります。なるべくケーブルを避けて装着することを勧めます。
  • 真円ではない異形断面のハンドルバーやシートポストへの装着はできません。
  • クランプの向きやボトルケージの角度を変えるための工具(M3六角レンチ)は付属していませんので,ご自身でご用意ください。
  • 簡単に取り外せることによる駐輪中の機材盗難などについては,弊社はその責任を負いかねます。駐輪時にはご自身で取り外して一緒にお持ちください。
  • 走行中に携帯電話を操作することは危険です。また長時間画面を注視することも前方不注意になり事故につながりかねません。携帯電話の使用・操作は各自の責任において行なってください。
  • 本体背面にある赤いロック解除レバーに被せられた透明樹脂キャップは,必ず正しい位置に調節するか,もしくは取り外してお使いください。この指示を守らずに使用した結果電話機が脱落したとしても,弊社ではその損害賠償の責任を負いません。
  • 電話機をしっかりと保持するには,底面と側面の3方向のパッドがしっかりと電話機に密着している必要があります。薄型の電話機の場合,標準状態のままでは電話機が浮いた状態になりやすいため抜け落ちやすくなってしまいます。この問題を防止するため,薄型の電話機で使用する場合は必ず添付のパッドシートを天面シートに重ね貼りしてお使いください。

ロック解除レバーに取り付けられている透明樹脂キャップについて

画像をクリックすれば拡大します

長すぎる透明キャップは,突然のロック解除を引き起こす恐れがあります

iH-100レバー悪い例.jpg
赤いロック解除レバーに挿入されている透明樹脂キャップは,ウィングを閉じて携帯電話をホールドしている間はフリーになり細かく動くことで発生するロック解除レバーからのカチャカチャという音を止めるためのものです。
透明キャップが正しく取り付けられていれば問題はありませんが,このキャップは材質ゆえにわずかに長すぎる場合があり,その状態で強く本体側に押し込まれてしまうと,ロック解除レバーを任意の位置で固着させてしまう現象を引き起こすことが発見されました。
もし万一ロック解除レバーが少し引かれた(ロックを解除する方向に移動した)状態で固着されていると,走行中のわずかな衝撃や不用意に触れたものなどにより予期せずロックが解除され,iH-100に取り付けてある携帯電話が脱落してしまう恐れがあります。


透明キャップを2mmほど短くカットしてお使いください。もしくは透明キャップを引き抜いてお使いください

iH-100レバー良い例.jpg
この透明樹脂キャップはなくても機能上はまったく問題ありません。もしキャップを取り外した場合に聞こえるかもしれない小さな異音が気にならないという方は,安全のため取り外しておくことをお勧めします。

ロック解除レバーの不用意な固着を防止するためには,キャップを正しく取り付けることです。
透明キャップは本体ケースに触れるか触れないかの位置にあるのが適切な状態ですが,多少本来の目的には沿わなくなりますが,透明キャップを2mmほど短くカットし意図的に本体ケースと透明キャップとの間にわずかな隙間をあけておくべきです。これによりロック解除レバーは内蔵バネの力により常にロック位置に引き込まれたままでいることができ,安全に商品をご使用できます。

透明キャップは2011年6月生産分より短いものに変更されます。
また2011年7月後半からの生産分においては,万一の脱落事故防止のためこの透明キャップの装着を見合わせています。キャップが取り付けられていないからといって不良というわけではありません。

以上のアドバイスを守らないまま使用した結果,もし電話機が脱落したとしても弊社ではその損害賠償の責を負いかねます。あらかじめご承知置きください。