こちらのページは、製品の生産・販売が終了したなどの理由で更新されていないため、古い情報が含まれています。
P-500AL-4

P-500AL-4

ペアスタンド
水平上下搭載タイプ自立式収納・展示スタンドの定番

製品概要FK専売品/深谷産業

  • 特徴
    • 壁際によせる事のできる「K」型、縦横の安定感にすぐれた「X」型の両方から目的にあわせた脚のタイプを選べます
    • 足元の斜めになった補強が無くなり、よりスッキリとしたデザイン
    • 自立型の2台(最大4台)の自転車を展示収納できます
    • 自転車4台を展示/収納する場合、必ず「X」脚型で使用してください
    • 小径車・子供車での使用が可能(注意制限事項を参照)
  • 製品仕様
    SKU
    421-1295-01
    メーカー希望
    小売価格
    19,000円(税込)
     
    カラー
    製品重量
    5.7 kgs
    支柱高さ
    2,060mm
    支柱直径
    45mm
    フックまわり
    寸法
    支柱表面-フック中心距離:105mm
    左右フック間隔:340mm~420mm
    フック最大対応径:65mmまで
    耐荷重制限
    クレードル1ヶあたり25kgまで
    保証期間
    1年
  • 設置寸法

    脚型の組み立て方法は「X」脚と「K」脚の2タイプ

    X脚
    • 幅 = 750 mm
    • 奥行 = 640 mm
    • 高さ = 2,060 mm
    K脚
    • 幅 = 810 mm
    • 奥行 = 400 mm
    • 高さ = 2,060 mm
    Setup Dimensions
  • 注意・制限事項/設置
    • 必ず平坦で水平な周りに障害物のない場所を選んでください。
    • 多少の勾配は脚部に取り付けられているアジャスター(高さ調整)を使用し修正可能です。
    • 脚型の組み立て方法はユーザーにて選択できます。壁面によせたい場合には「K」脚型、全方向に等しく安定させたい場合には「X」脚型にします。
    • 自転車4台を展示/収納する場合は、必ず「X」脚に組み立ててください。「K」脚でバランスがくずれると簡単に転倒します。
  • 注意・制限事項/自転車の掛け方
    • タンデム車やトップチューブの無いフレーム、一部の特殊な自転車ではお使いいただけませんが、クレードルの角度調整によりほとんどの自転車にお使いいただけます。
    • フレームが受けられない小径車や子供車などの場合は、「ハンドルステムとサドル」といった適宜な場所を受けて使用することもできますが、その取付け方での保持性能に関してはユーザーの責任とリスクで使用してください。
    • 自転車はハンドルが勝手に切れ込んできてしまうことがあります。これを防ぐにはやや前下がりの姿勢にするか前輪とダウンチューブとをストラップ(別に準備)などで縛っておくといいでしょう。
    • クレードル素材は厳選された原料で生産されていますが、様々な使用条件(日のあたる場所での保管や自転車フレームの表面塗装の成分など)が原因で、稀に、フックと直接触れている部分が変色したり、キズがつくことがあります。気になる場合は、布などの保護テープをフックに巻いてお使いください。
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
  • バイククレードル3
左右独立調整式アーム

データ ダウンロード