Minoura Japan – VERGO-Excel

こちらのページは、製品の生産・販売が終了したなどの理由で更新されていないため、古い情報が含まれています。

VERGO-Excel(バーゴ・エクセル)

自転車を安全に車載するためのベース

VERGO-Excelとは

車に自転車を搭載して移動するとき,通常はそのまま荷室に横たえたり壁にもたれさせたりしますが,それだと振動やコーナリング時の荷重移動により動いてしまい,内装を傷つけたり,自転車同士が当たって傷が付いたり部品が壊れたり,また他の荷物にダメージを与えることがあります。
また自転車が壊れたりしないかルームミラー越しに監視していなければならないため,安全運転の面からもふさわしくありません。

VERGO-Excelは,前輪を取り外した自転車を,荷室の床に置いたベースレールに装着されたフォークマウントに装着することで,すっきりと自立させ安全に運搬できるようにするための車載ベースです。

フォークマウントについて

フォークマウントはベースを上下に挟み込む形で取り付けられています。
ベースは左右対称の菱形断面のため,フォークマウントは前向き・後ろ向きのどちらにも取り付けることができます。
たとえばフォークマウントを互い違いに配列することで,前後長こそやや必要にはなりますが,自転車のハンドル同士の干渉を避けた密集レイアウトが可能になります。これにより他の荷物のためのスペースを確保しやすくなります。

またフォークマウントは20度刻みで角度を変えてセットすることができ,たとえば40度捻った状態だと,旧VERGOでは不可能だったドロップバー同士のハンドルの干渉を避けた密集配置もできるようになりました(従来はフラットバーのみが対象でした)。

VERGO-Excelには標準で2台分の9mmクイック仕様(100mmハブ幅)のフォークマウントが付属しています。
さらにオプションでもう1つ追加することで,最大3台までの自転車をすっきりと立たせることができます。

スルーアクスルへの対応

20mmおよび15mmスルーアクスル式のサスペンションフォークに関しては,それぞれの専用サイズのスルーアクスル用フォークマウントがオプションで用意されています。
標準のフォークマウントと入れ替えるか,あるいは追加して使用します。

VergoExcel_blank.jpgVERGO-Excel
VergoExcel_Car.jpgBarDimension.jpg9mmForkSupport.jpg
VergoExcel_bike-wheel.jpgVergoExcel_bike.jpgVergoExcel_bike-twisted.jpg

旧型からの変更点

旧型VERGOからVERGO-Excelへの変更点

VERGO-Excelは,旧型同様ミニバンやワゴンの荷室の床に置くだけで自転車を立てて収納することができるスタンドです。車体にボルト止めしたり特別に加工する必要は一切ありません。

ベースレールは扁平な鉄パイプ製から菱形断面のアルミパイプ製に変更されました。
従来はベースレールの中心線上にフォークマウントを設置していたため,急発進や急ブレーキ時にはクイックを中心点にして前または後ろに転がってしまうという問題がありました。
この問題を防止するため,本体自体にある程度の重量を与えどっしりと座らせることが必要でしたが,VERGO-Excelでは構造を再設計しフォークマウントをベースレールから大きくオフセットさせたことにより,思い切った軽量化が可能となりました(4.3kg→2.1kg)。

軽量化することによるデメリット(高重心になることによる不安定さや,軽量化されたことによる剛性不足)は特に問題とはなっていません。逆に軽量化することで,取り扱いが楽になり,さらにわずかながら燃費の向上が期待できるようになります。

フォークマウントのクイックについて

あまりきつく締め込む必要はありません

VERGO-Excelのフォークマウントの機能は前フォークをがたつかないよう保持するだけであり,前フォークを回転させないよう固定するわけではありません。したがってクイックはそれほどきつく締め込む必要はありません。
クイックを強く締め付けすぎると,フォークマウント両端に取り付けてある赤い樹脂製のプラグがパイプ内に陥没してしまい,正常に前フォークを保持できなくなってしまいます。

逆に,フォークマウントの角度を調整する赤いノブボルトはしっかりと締め付けて使用してください。ノブが緩んでいると自転車の横揺れがひどくなり,自転車同士が当たったり,車の内装を傷つけたり,揺れる力で樹脂製エンドプラグを陥没させたりします。

サイズチェック方法

VERGO-Excelが使えるかどうかの寸法判断

車の荷室の天井高が低いと自転車が立てられません。
前輪を取り外した前フォークを床面から10cm持ち上げた状態での,床面から自転車の最も高い箇所(通常はサドル)の高さが,車の荷室の天井高よりも少ないことをまず確かめてください。

一部のステーションワゴンやミニバンではサドルを下げるか抜かないと入らない場合があります。
サドル高は個人の好みがはっきりと出るものです。シートポストを抜く場合には,あらかじめ設定高さの目印を付けておくといいでしょう。

なお弊社ではどの車種なら収まるかなどの情報は持ち合わせておりません。ご自身でお確かめください。
Vergo_min-height.jpg

軽自動車への対応について

バーを120mmほどカットする必要があります

標準状態のVERGO-Excelは普通自動車への搭載を前提としたサイズとなっており,そのままでは軽自動車の荷室には入りません。車種にもよりますが,およそ120mmほどバーを短く詰めてやる必要があります(970mm→850mm)。
バーはアルミ製ですので,一般の金ノコで簡単に切断できます。もし金ノコをお持ちでない場合は,ホームセンターなどでカットを依頼することができる場合もあります(お店によります)。
バーの端にある赤い菱形の樹脂キャップは単に嵌め込んであるだけですので,カットした端材から抜き取って再びバーに装着しておいてください。

弊社での測定では,長さ850mmに詰めたバーでも,幅450mmのドロップバーを持つロードが2台,ハンドルを捻らずに並べて取り付けることができることを確認しています。取り外した前輪はオプションの前輪ホルダに取り付け,フレームとハンドル端との間に収めた状態です。
ただし車種によっては内装が出っ張っているために,ハンドルを捻らないと2台並べられない場合もありますのでご注意ください。

スペック

製品コード
423-2300-00
サイズ
W 970 x D 185 x H 100 mm
カラー
シルバー
材質
アルミ
重量
2.1kg
希望小売価格
13,900円(税込み)

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • VERGO-Excelに装着された自転車は車に固定されているわけではありません。急発進・急ブレーキ・急ハンドルなどラフな運転を行なうと,自転車がVERGO-Excelごとずれたり転倒することもあり怪我やトラブルの原因となります。できる限りタイダウンロープなどで自転車を車体に固定してお使いください。
  • フォークマウントを捻った状態では,フォークのキャスター角の影響で車体がわずかに傾きます。その状態では本来の安定が確保できなくなりますので,フォークを捻った状態ではタイダウンロープの併用は必須です。
  • 車種によっては後輪がシートバックに当たってしまい自転車が車内に収まらない場合もあります。後輪も外せば収まる場合は,オプションの「リアエンドサポート」をお使いください。
  • リアゲートを閉じる際は,ハンドル先端やブレーキレバーなどがリアウィンドウに当たらないことを確認しながら,静かに閉めてください。VERGO-Excelを使用したことによる自動車などへの損害については,弊社はその責を負いません。
  • VERGO-Excelに設置する自転車は,車の進行方向と同一線上にセットしてください(後ろ向きを推奨)。横向きでは安定が保証できません。
  • フォークマウントはすべてハブ幅100mmの一般的な前フォークにしか対応しておりません。DAHONなどに採用されている75mmなど特殊なサイズの前フォークや,片持ち式フロントフォークには非対応です。
  • フォークマウントの赤いノブボルトはしっかりと締め付けて使用してください。ノブが緩んでいると自転車の横揺れがひどくなり,自転車同士が当たったり,車の内装を傷つけたり,前フォーク受け部を破損させたりします。
  • 前フォークを止めるクイックレリーズは強く締め込みすぎないでください。VERGO-Excelはあくまでも自転車を保持するだけであり,固定するわけではありません。いくらクイックレリーズを締め込んだとしても無意味ですし,かえってフォークマウントを壊してしまいます。クイックの締め込み過ぎによるフォークマウントの破損につきましては弊社はその責を負いかねます。

オプション

フロントホイールホルダ
取り外した前輪を取り付けておくためのアームDoticon_grn_Right.png
リアエンドサポート2
後輪を取り外した際に,チェンリングが床に直接当たるのを防止するための脚Doticon_grn_Right.png
9mmフォークマウント(ハブ幅100mm)
標準で付属しているものと同じ9mmクイック用のフォークマウント
15mmフォークマウント(ハブ幅100mm)
15mmスルーアクスル用のフォークマウントDoticon_grn_Right.png
20mmフォークマウント(ハブ幅100mm)
20mmスルーアクスル用のフォークマウントDoticon_grn_Right.png

データダウンロード

専用ページへジャンプ Doticon_grn_Right.png

樹脂ブッシュの陥没トラブルについて

(各画像をクリックすると拡大します)

クイックを締め込みすぎると樹脂ブッシュが陥没してしまいます

ブッシュ陥没.jpg
よくある誤解なのですが、VERGO-Excelにおける前フォークを固定するクイックレリーズは、自転車の前フォークに前輪を固定するときのように力いっぱい締め込むことをしてはいけません。

VERGO-Excelの前フォーク受け部分は構造的に、左右の赤い樹脂製のブッシュは内部で連結されているわけではありませんので、必要以上に強い力でクイックを締め込む力を加えてしまうと、ブッシュはその力に耐え切れずアルミパイプの中に陥没していってしまいます。

VERGO-Excelにおけるクイックは、単に自転車が抜けない・大きくぐらつかない程度に保持するためのものに過ぎず,自転車の前輪のように完全固定するわけではありません。
上記の構造上の理由により、クイックは前輪を固定するときのように手のひらを使って力いっぱい締め込むのではなく、指の力だけでレバーを倒す程度に加減する必要があることを認識してください。


陥没してしまった前フォーク受けはもう使えません

ブッシュ不具合比較.jpg
いったん樹脂ブッシュが陥没してしまうと、前フォーク受けの幅自体が狭くなってしまってそのままでは前フォークの内幅に合わなくなります。それにもかかわらず前フォークを止めようとしてクイックを締め込んでしまうと、前フォークに本来加わるべきではない内向きの力を加えることになり、最悪の場合前フォーク自体を破損させてしまうことになります。
クイックを締め込んだとき「メキメキ」と前フォークから音がし始めたら,それは異常を示す警告音です。すぐにクイックを緩めてください。

いったん変形し陥没してしまった樹脂ブッシュは二度と元の機能を取り戻すことはありません。絶対に使用しないでください。
樹脂ブッシュが陥没してしまったことが判明しているのにクイックを締め込んでしまったことによる前フォークの破損につきましては、弊社はその責任を負いません。あらかじめご承知置きください。

またVERGO-Excelの前フォーク受けは、フォーク内幅が100mmのものだけが使用できます。それ以外のサイズの前フォークは対応していません。


現在では樹脂ブッシュは改良されています

ブッシュ新旧比較.jpg
2010年夏以降の出荷分に対しては樹脂ブッシュの材質および形状を変更し,この陥没トラブルが起きにくいように対策してあります。
見分け方としては,樹脂ブッシュのアルミパイプに接する部分がリング状のフランジ形状になっているものが新しいものです。単なる円錐台形になっているものは旧型のものです。

旧型の前フォーク受けであっても、クイックを締め込み過ぎないなど正しく使用していれば特に問題は起こりませんので、必ずしもすべてのユーザが新型の方に交換しなければならないというわけではありませんが、既に陥没の兆候が見られる方には、無償で対策済みの前フォーク受け部を提供させていただきます。
なお弊社が提供するのはVF-2(9mmアクスルホルダ)のみです。その他の部分は現有のものを引き続きお使いいただきます。

新型の樹脂ブッシュであってもクイックを締め込む力を加減していただかなければならないことには違いはありません。くれぐれも力いっぱい締め込むことのないようにお願いします。


自転車のぐらつきを止めるのはクイックではありません

ノブ増し締め.jpg
VERGO-Excelに取り付けた自転車が走行中の振動により左右に少し揺れるのは異常ではありません。
この揺れを止めようとしてクイックレリーズを力いっぱい締め込もうとするのは誤りです。それは絶対にしないでください。
このときは前フォーク受けの上部にある大型の赤いノブボルト(VF-3)をできるだけ強く締め込むことで対処します。