バイクタワー25D

バイクタワー25D

人気が高いオールブラック仕様の天井突っ張り式バイクスタンド

製品概要FK専売品/株式会社フカヤ

  • 特徴
    • 本体支柱が3分割になり、各パーツが小サイズ・低重量で、組み立て、保管、再設置時の分解などの際に効率的。
    • 外装箱のサイズが、幅 1,260 mm × 高さ 80 mm × 奥行き 107 mm とコンパクト。店頭持ち帰りや配送時の取り扱いにも都合の良い大きさです。
    • 人気のあるオールブラック仕様。
    • 地震の揺れに強いと定評の天井側ゴムカップにスプリングを内蔵した、天井と床を突っ張るポールに、2台(クレードル追加で最大4台)の自転車を収納できます。
    • 標準キットは自転車2台分のクレードルを付属。
    • ポールは無断階で2.1m~2.7mまで高さ調整可能。
    • シンプル設計のクレードルは高さ調整、角度調整が簡単に行えます。
      • 角度:上下17.5°(左右連動)
      • フック間隔:300~420mm(フック中心)
    • ユーザーが最終設置した後、ポールが縮んで転倒してしまうことを予防するために、バイクタワー25Dでは、ジョイント部のボルト固定に加え専用ストッパー金具での固定による二重ロック構造を導入しました。
  • 製品仕様
    SKU
    420-2600-01
    メーカー希望
    小売価格
    20,520円(税込)
     
    カラー
    ブラック
    材質
    アルミ・鉄・樹脂
    製品重量
    3.8 kgs
    支柱高さ
    2,100mm~2,700mm(無段階調整)
    支柱直径
    45mm(上)/40mm(中)/45mm(下)
    フックまわり
    寸法
    支柱表面-フック中心距離:90mm
    左右フック間隔:300mm~420mm
    フック最大対応径:60mmまで
    バネの押し
    付け力
    約5kg
     
    耐荷重制限
    クレードル1ヶあたり25kgまで
    保証期間
    1年
  • 設置寸法
  • 注意・制限事項/設置
    • 必ず天井の強度を確かめ、もし弱いと考えられる場合は必ず梁が通っている場所に設置してください。天井板だけの場所ではバネの力で天井板を突き抜いたりバネの押し当てる力が徐々に弱くなり支柱そのものが少しの衝撃で回せたり十分に固定できず倒れてきてしまう恐れがあります。
    • 傾斜した天井には取り付けられません。必ず床と平行である必要があります。
    • 天井側ゴムカップには適切に設置されているかどうかがわかるインジケータが設けられています。赤いインジケータが見えているようであればすぐに支柱の長さを調整し直すか、天井の強度をご確認ください。
    • 一部の天井・床の素材や仕上げによってはゴムカップの跡が付くことがあります。その場合は天井・床とゴムカップの間に布や薄い紙などを挟んで設置してください。その際、滑りやすいビニールなどは避けてください。
    • バイクタワー25Dは支柱1本で立っているだけなので、水平な力を加えると支柱を中心にして全体が回転してしまいます。
    • 動いてきた自転車が二次的な損害を与えないよう、周りに壊れやすい物が無い場所に設置するなど、十分に注意を払って設置場所を決めてください。
  • 注意・制限事項/自転車の掛け方
    • タンデム車やトップチューブの無いフレーム、一部の特殊な自転車ではお使いいただけない場合があります。また、小径車や子供車などフレームを受ける事ができない場合はクレードルの角度調整や左右フック間隔の調整により『ハンドルステムとサドル』といった適宜な場所を受けて使用することもできますが、その取り付け方での保持性能に関してはユーザーの責任とリスクで使用してください。
    • 自転車はハンドルが勝手に切れ込んでしまうことがあります。これを防ぐにはやや前下がりの姿勢にするか、前輪とダウンチューブとをストラップ(別に準備)などで縛っておくといいでしょう。
    • クレードルフックは厳選された素材とエンボス加工にてフレームへのダメージを軽減するよう設計されていますが、日の当たる場所での長時間の保管によりフレームの色(接触部のみ)が変色することもあります。気になる場合は布などの保護テープをフックに巻いてお使い下さい。
  • バイクタワー25D クレードル
  • バイクタワー25D クレードル
  • バイクタワー25D クレードル
  • バイクタワー25D クレードル
クレードル

データ ダウンロード

転倒防止用樹脂ストラップを使用してください。

  • 必ず、製品に添付の「転倒防止用樹脂ストラップ」を使用し、万一の地震などによる不意の転倒にも耐えられるように備えてください。(参考画像/クリックで拡大します
  • もし、このストラップを使用しないままで設置していて転倒したとしても、弊社はその被害の責任を負いかねます。
バイクタワー25D・転倒防止用樹脂ストラップ