Minoura Japan – BH-100C

BH-100C ボトルケージホルダ

ハンドル中央にボトルを設置できるセンターオフセット型

センターオフセット型の必要性

一般的にはボトルはフレーム前三角部分に収めますが,予備のボトルも持ちたい場合や,すぐに手の届く場所にボトルがほしい場合には,ハンドルバーマウント型のボトルケージホルダを増設します。
ボトル1本とはいえ,満水になっていればそれだけで500gをゆうに超える重量となり,このときボトルが車体の中心軸線から離れた場所に位置していると重量バランスが左右で均等でなくなるため,直進時にも常にハンドルの微調整が必要になるほか,コーナリング開始時に重い方へハンドルを取られてしまうという問題があります。
またさらに視覚的にも中心軸線上にボトルがあった方が無意識のままでの直進性を確保しやすく,蛇行しない安全な走行の手助けとなります。

一般のボトルケージホルダではどうしても中心軸線上にボトルを設置することができず,左右どちらかにずれざるを得ませんでした。
従来のBH-60はステムをまたいでボトルをセンターに取り付けることができていましたが,残念ながら設計が古いためオーバーサイズ規格のハンドルバーには対応できていないという問題がありました。
これを解決したのがBH-100Cです(Cはセンターの略)。

BH-100Cの使い方

BH-100Cは,ハンドルバーをつかむクランプから35mmオフセットさせたところにボトルケージを保つことができるため,ステム脇をクランプするだけで,ボトルをステムの真正面に位置させることができます。
錆びないようにステンレス製としたブラケットは左右どちらの向きにも取り付けられますので,サイクルコンピュータと干渉しない側に装着することが可能です。

またオプションでブラケットをもう1枚追加し左右に広げることで,ひとつのクランプで2本のボトルを搭載するツインバージョンにすることも可能です。

スペースマウント・クランプ

BH-100Cは新開発のスペースマウント型クランプを採用しています。
このクランプは独自の開き幅微調整機構を持ったもので,Sサイズは直径22〜29mmの,Mサイズは直径28〜35mmの丸断面の場所に,がたつきなく取り付けることができます。
取り付け・取り外しはレバー操作だけのワンタッチ。必要なときにだけ装着し,駐輪する際はすばやく取り外して持っていくことができます。

BH-100C-S
直径22〜29mmに対応
クランプ側面のロゴ印刷色は赤色
ノーマルのハンドルバー用
BH-100C-M
直径28〜35mmに対応
クランプ側面のロゴ印刷色は黒色
オーバーサイズのハンドルバー用

bh100c-s_blank.jpgBH-100C-S(22〜29mmに対応)
BH100C-S_cage.jpgBH100C-S_bike-right.jpgBH100C-S_bike-left.jpg

スペック

BH-100C-S(小径タイプ)

製品コード
339-3150-00
クランプ対応径
22〜29mm
ロゴ印刷色
材質
アルミ
重量
84g
希望小売価格
1,600円(税込)

BH-100C-M(大径タイプ)

製品コード
339-3160-00
クランプ対応径
28〜35mm
ロゴ印刷色
材質
アルミ
重量
85g
希望小売価格
1,600円(税込)

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • 最大取付アクセサリー重量は300gまで
  • クイッククランプは,まず根本の調整ネジで適切なクランプ力になるよう調節してから,ロックレバーを倒してください。レバーを倒した後にネジを締め込んでも装着自体はできますが,十分な締め付けトルクが得られず,使用中にホルダが垂れ下がってくる恐れがあります。
  • レバーを倒してクランプしたとき,調節ボルトが一杯にホルダ本体に引き込まれていることを必ず確認してください。ボルトが浮いたままではしっかりとクランプできていません。
  • レバーを起こすときは,爪だけを掛けるのではなく,指の腹で操作してください。レバーは強い力で閉じられていますので,爪が剥がれてしまう恐れがあります。
  • ロード用ドロップバーなどブレーキやシフト用のワイヤがハンドルバーに沿って設置してある場所では,クランプによりケーブルに過大な力を加えてアウターケーブルを潰してしまう恐れがあります。なるべくケーブルを避けて装着することを勧めます。
  • 真円ではない異形断面のハンドルバーやシートポストへの装着はできません。
  • クランプの向きを変えるための工具(M3六角レンチ)は付属していませんので,ご自身でご用意ください。なお構造上,携帯ツールの六角レンチは使用できません。通常のLレンチを使用してください。
  • 簡単に取り外せることによる駐輪中の機材盗難などについては,弊社はその責任を負いかねます。駐輪時にはご自身で取り外して一緒にお持ちください。
  • 傷防止と十分なクランプ力を確保するため,付属の透明シートをハンドルバーなどに巻き,その上からBH-100Cを装着するようにしてください。