Minoura Japan – VC-100

VC-100S / VC-100M

ワンタッチ脱着式カメラマウント

カメラマウント

デジタルカメラやビデオカメラなどを,簡単にハンドルバーやステムに取り付けることができるホルダです。旅先での記念撮影時に三脚代わりに自転車が使えます。
クランプに直付けされた1/4インチネジにカメラをねじ込み,ロックリングをねじ上げることで確実に固定できます。

走行中に撮影・操作することはメーカーとしては推奨していません。もし行なうとすればユーザ個人の完全責任になります。

スペースマウント・クランプ

軽量で錆びにくいアルミ製クランプは,さまざまな径のパイプに柔軟に対応できる無段階調整タイプです。Sサイズは22〜29mmに,Mサイズは28〜35mmにフィットします。
取り付け.取り外しには工具は不要。レバー操作だけのワンタッチで脱着できます。

ロックリング

カメラを下から支えるロックリングには耐候性のあるゴム配合タイプのコルクを貼付。スリップを防ぎつつ,カメラをやさしくしっかりと支えます。
ベースのロックリング自体は錆びにくいステンレス製。

VC-100にはクランプ対応径の違いで2種類あります。

VC-100-S
Sサイズクランプ(直径22〜29mmに対応)を装備
クランプ側面のロゴ印刷色は赤色
一般のハンドルバーに対応
VC-100-M
Mサイズクランプ(直径28〜35mmに対応)を装備
クランプ側面のロゴ印刷色は黒色
オーバーサイズのハンドルバーや丸断面のステムに対応

vc10s_blank.jpgVC-100-S(22〜29mm径対応)
vc10m_blank.jpgVC-100-M(28〜35mm径対応)
VC10_bike.jpgVC10_side_camera.jpgVC10_side_vcr-open.jpg
VC10_front_camera.jpgVC10_front_vcr-open.jpg

新型クイッククランプについて

工具なしでもフレキシブルに対応するユニバーサルタイプ

従来ボトルケージホルダなどに採用していたステンレスバンドは,ひとつのサイズで22〜35mmまでをカバーできる非常に使い勝手のよい機構でしたが,その装着には若干のコツが必要であり,また工具を必要とするため不要時に気軽に取り外すことはできませんでした。
今回新開発したクイッククランプは工具なしで簡単に取り付け・取り外しができるため,必要なときにだけ素早く脱着することができるようになります。

クランプ根本のボルトを調節するだけで,クランプはその内径を変え,さまざまな直径のパイプに対応することができます。その後レバーを倒すだけで簡単に固定できます。

Sクランプは22〜29mmまでをカバーし,一般的な22mm径ハンドルバーなどに取り付けることができます。またバーテープを巻いたロードのドロップハンドルにも余裕で装着可能です。

Mクランプは28〜35mmまでをカバーし,32mmあるオーバーサイズハンドルバーの根本や,丸断面のステムなどに取り付けることができます(角断面のステムには適合しません)。

スペック

VC-100-S(ノーマル版)

製品コード
339-3330-00
対応径
22〜29mm(オーバーサイズハンドルバーには適合しません)
ロゴ印刷色
材質
アルミ/ステンレス/コルク
重量
101g
希望小売価格
2,100円(税込)

VC-100-M(オーバーサイズ版)

製品コード
339-3331-00
対応径
28〜35mm(ノーマルサイズハンドルバーには適合しません)
ロゴ印刷色
材質
アルミ/ステンレス/コルク
重量
105g
希望小売価格
2,100円(税込)

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • 最大取付アクセサリー重量は300gまで
  • VC-100はあくまでも停車時に三脚代わりにカメラをセットするためのマウントです。走行中の使用は推奨しておりませんし,万一それが原因で事故やトラブルなどが発生したとしても,弊社では一切の責任を負いません。
  • VC-100にカメラを取り付けるボルトはクランプ側に固定してあります。そのためカメラを装着するには,カメラ自体を数回転回してねじ込む必要があります。ロックリングだけを回して取り付けられるわけではありません。
  • ロックリングは必ずしっかりとカメラ側にねじ上げてカメラを固定するようにしてください。ロックリングを使用しない状態ではカメラの安定は保てません。
  • カメラを取り付けずVC-100のみを自転車に装着した状態ではロックリングは自由に動いてしまいます。走行中に脱落して紛失することを防止するためボルト部にはOリングをはめ込んでありますが,その保持力は完全ではありません。常に注意を払っていてください。
  • ロックリング上のコルクはゴムを配合した高耐久性タイプであり通常のコルクよりは吸水性はありませんが,水に濡れてしまったときには十分に乾燥させてください。
  • カメラを装着した状態で自転車から離れる際には,ハンドルが切れ込んだ反動で転倒したりしないように十分に注意を払ってください。
  • カメラの上下角調整(チルト)および斜め角度調整機構はありません。
  • カメラは精密機械です。基本的に振動には弱いものであり,振動は故障の原因となることを十分に理解してください。
  • レバーを起こすときは,爪だけを掛けるのではなく,指の腹で操作してください。レバーは強い力で閉じられていますので,爪が剥がれてしまう恐れがあります。
  • ロード用ドロップバーなどブレーキやシフト用のワイヤがハンドルバーに沿って設置してある場所では,クランプによりケーブルに過大な力を加えてアウターケーブルを潰してしまう恐れがあります。なるべくケーブルを避けて装着することを勧めます。
  • 真円ではない異形断面のハンドルバーやシートポストへの装着はできません。
  • 簡単に取り外せることによる駐輪中の機材盗難などについては,弊社はその責任を負いかねます。駐輪時にはご自身で取り外して一緒にお持ちください。