Minoura Japan – DS-30AL

DS-30AL

DS-30BLTを軽量化したアルミモデル

DS-30BLTとの違い

フレームを鉄パイプ製からアルミパイプ製に変更することで,40%軽量化し,さらに繰り返し使用して傷が付いても錆びなくなりました。

また本体がアルミパイプに変わったことにより,鉄製のDS-30BLTよりも少ない力で装着できるようになったため,特に女性にお勧めです。
柔らかくなったとは言え,後輪ハブ軸を左右から挟み込む力は十分にあります。

DS-30共通の特徴

クイックレバー側(左側)のカップリングは自由に回転させることができ,クイックレリーズのレバーがどこにあっても切り欠きを合わせてしっかりと保持できるようになっています。

本体は折りたたみ式で,閉じた状態から開く方向によって2段階(225mm/365mm)の高さが選べます。高い方が一般的な26インチ/700cサイズのホイール用で,低い方がBMXや折り畳み車などの小径車用です。
不要時にはごく薄く折り畳むことができ,わずかな隙間に収納することができます。

他社品にあるように自由な角度(高さ)で固定することはできませんが,その代わりにいちいち微調整したりノブを緩めたり締め直したりする必要がなく,パッと開くだけで使用できるため,結果的にこちらの方が素早く使用できます。

ds30al_blank.jpgDS-30AL
ds30al_low.jpgds30al_folded.jpg
ds30al_bike.jpgDS30BLT_lower_bike.jpg

スペック

製品コード
421-1060-00
サイズ
<展開時> H 380 x W 305 x D 285 mm
<収納時> L 420 x W 305 x H 40 mm
カラー
シルバー
材質
アルミ
重量
0.42kg
希望小売価格
2,880円(税込)

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • パイプ製の本体の弾力性を利用していますので,初期状態ではやや狭めに作ってあります。手で広げてもらえばちゃんとフィットします。
  • カップリングはシマノタイプのクイックレリーズ(シャフトの側面からレバーが出ているタイプ)に合わせてあります。ボントレガーなどのように軸の延長線上にレバーがあるタイプのクイックでカップリングに収まる部分が垂直より鈍角にしか閉じないものや,カンパニョーロやフルクラムなどの幅広レバーには対応していません(カンパ・フルクラムには専用のDS-30CFをお使いください)。
  • カンパやフルクラムでなくても,レバー幅が20mm以上あるクイックで無理に使用すると,樹脂製カップリングを破損させてしまう恐れがあります。その場合はDS-30CFを使用してみてください。
  • レバー幅が17mm以上ある場合は,スタンドを開いて左側カップリングを外側に引き抜き,クイックを完全に露出させてからスタンドを脱着するようにしてください。スタンドを広げないまま足で踏み付けホイールを上方に引き抜こうとすると,無理な力が加わって樹脂カップリングを破損させてしまう恐れがあります。
  • 装着してあるリアディレーラによっては,ギア位置次第でスタンド本体フレームと干渉する場合があります。
  • 自立させた自転車に乗ることはできません。
  • クイックレバーやフレームエンドの形状・デザイン・スペック等の関係で、一部の自転車・ホイールにおいて対応していないものがあります。お買い求めの際は、お持ちの自転車をよくお確かめください。