Minoura Japan – FT-1コンボ

FT-1コンボ リム振れ取り台セット

ホイールの組み立て・調整に必要な3つのツールをセット

リム振れ取り台「FT-1」に、ホイールセンターゲージ「FCG-310」とニップルレンチ「NW-300」をセットした、ホイールの新規組み立てや調整に最適のコンプリートセットです。

「FT-1」は持ち運びや収納に便利な折りたたみ式の振れ取り台で、最大29インチサイズ(700cリム)までのホイールをセットし、その横振れ・縦振れを測定するツールです。

「FCG-310」は工具箱にも収められるよう2つ折り式とした軽量アルミ製のホイールセンターゲージで、ホイールの左右対称性を確認するためのツールです。

「NW-300」は14G/15Gの2サイズのニップルに適合する汎用型のニップルレンチです。

ft1-combo_no-t_blank.jpgFT-1コンボ

ft1_wheel-horizontal.jpg

リム振れ取り台とは

ホイールは使用するにつれてスポークとリムとをつなぐニップルが緩み、横方向あるいは縦方向に徐々に歪んできます。
そのままだとブレーキが断続的にしか効かなくなったり、逆にブレーキが効きっぱなしになったり、あるいはタイヤがフレームに接触してしまうなど、安全に走行するには支障が出てきます。

リム振れ取り台は、この歪んでしまったホイールを正しい状態に戻すべく、スタンド上にホイールを持ち上げてこの振れ幅を測定するための器具です。
振れ取り作業自体はニップルを専用のレンチで回して行ないます。

振れ取り測定ゲージ

FT-1の振れ測定ゲージは、横振れ測定用のアームが左右一対、それに縦振れ測定用の折りたたみ式アームが中央に1本、コンパクトに一体型になっています。

横振れ測定ゲージアームは手前のノブを回すことで開いたり閉じたりします。
ゲージアームは左右いずれかのみを使用します。

縦振れ測定ゲージは通常は下向きに折りたたんであり、使用するときだけ起こしてきます。
中央のドラム型つまみを回すことでアームを伸縮できます。

ft1_gauge-up.jpg

ft1_pillar-action.jpg

開閉式の支柱

ホイールを支える支柱は軽量なアルミ製で、29インチサイズにも対応するよう十分な長さがあります。
左右の支柱は根本のピボットボルトを支点にして開閉する構造で、前輪用や後輪用、またロード用やMTB用など、さまざまなサイズのハブにも対応します(最大135mmまで)。

15mmまたは20mmスルーアクスル式のホイールは、別途オプションでFT-1に取り付けられます。それ以外のサイズは対応外です。

FCG-310 センターゲージ

センターゲージとは、ホイールの左右から当てることでリムがきちんとハブの中心上にあるかどうかを測定する器具です。

FCG-310は使用しないときにはコンパクトに収納できるよう2つ折りにしたモデルで、27インチ/700cから18インチまで測定することができます(24インチのみ対応外)。
また最大140mmまでのワイドなハブにも対応します。

本体はアルミ製で錆びず、リムに当てる部分は樹脂製のため高価なカーボンリムにも傷を付けません。

fcg310_blank2.jpg

nw300_back.jpg

NW-300 ニップルレンチ

ニップルレンチは、リムとスポークとをつなぐニップルを回すための専用のツールです。

ニップルは内部にネジが切ってある筒状の部品であり、締め込むとリムはそちらに寄ってきます。

とりあえずニップルには規格はありますが、実際にはサイズは微妙にバラバラです。そのため現物合わせでぴったり合うサイズのレンチを使用することが必要です。NW-300がすべてのニップルに合うわけではありません。

スペック

製品コード
430-3321-00
対応ホイール径
29インチまで(下限はなし)
ハブ幅対応サイズ
85〜135mm(それ以上開きますが使用はできません)
折り畳み時寸法
L 470 x W 220 x H 90 mm(FT-1)/ L 365 x W 45 x H 50 mm(FCG-310)
カラー
黒/シルバー/めっき
重量
2.6kg(セット)/2.2kg(FT-1単品)
希望小売価格
15,900円(税込)

注意・制限事項

注意していただきたいこと

  • ホイールは走行の安全性に関わる最重要保安部品のひとつです。作業に自信のない方や不十分なスキルしか持ち合わせていない方は,自分で行なうのではなく,専門店に任せることも必要です。振れ取り作業は個人の責任において行なうものであり,その結果については弊社は一切の責任を負いません。
  • FT-1はあくまでもポータブル型の振れ取り台であり,プロ用の機材と比べるとその精度・安定性・確実性については劣ります。あらかじめ簡易型であることを認識してお求めください。
  • FT-1単体ではホイールの振れを取ることしかできません。正しく左右対称なホイールに仕上げるにはセンターゲージの併用が必須です。
  • 通常の9mmクイック式もしくはハブナット式アクスル専用です。スルーアクスル式のハブは15mmと20mmサイズのみ別売のアダプタで対応します。
  • ホイールをセットするときは,しっかりと下に押し込んだままで固定してください。ホイールが斜めになったままではまともな結果が出せません。特にクイックを締め付けるときは反力で浮き上がりやすいので注意が必要です。
  • NW-300は標準的な14Gおよび15Gサイズのステンレスニップル用のレンチです。アルミ製やMavicなど特殊形状のニップルには別途専用品をお求めください。

データダウンロード

専用ページへジャンプ Doticon_grn_Right.png

横振れゲージの使いかた

横振れ測定ゲージが左右同時にリムに接触しない

ノブを回して横振れ測定ゲージを閉じていったとき、その先端がリム側面に同時に接触しない。同時に接触するようにしようとしてゲージの取り付け位置を左右にスライドさせようとしても調整限度に当たってしまいできない、というクレームをときどき受けますが、それは使いかたが誤っています。

横振れゲージは右利きあるいは左利きの方に合わせて、右側もしくは左側のどちらか一方しか使いません。両方使うことはしません。
アームは手動で大きく開くと、いっぱいに開いたところで爪が引っかかって止まるようになっています。そうすればノブを回してもひとつしか動きません。

縦振れ測定ゲージの捻り

縦振れ測定ゲージが捻ってしまっていて、リムの片方にしか接触しません

縦振れ測定ゲージの中心軸はボルトであり、それに樹脂パーツが組み付けられた構造となっています。
縦振れの測定自体はゲージが捻られていても十分に可能ですが、気になる方はゲージ先端の板状の部分をつまんで捻ってやれば元に戻せます。

横振れゲージアームの動き

ノブを回しても片方の横振れ測定ゲージアームが動いてくれない

この現象はアームを閉じようとするときに見られるものです。
アームは、開くときはノブにより回されたボルトで強制的に押されていくのに対し、閉じるときは内蔵されたバネの力で引き戻されるだけです。
そのためアームを止めているボルトが少し強く締め込まれてしまっていると、アームの動きが渋くなり途中で引っかかってしまうわけです。
3mm六角レンチと8mmソケットレンチでボルトを少し緩めてください。